カテゴリー
未分類

高騰化

北海道の不動産の価値が高騰化していると

YouTubeの広告でやっていた。

現場で働く身としても確かに帯広の不動産の価値が

上がっているのを感じるのである。

土地・建物を買いたいという需要が売りたいという

供給を上回っているのか、価格設定が難しくなっている

気がするのである。路線価や実勢価格・過去の事例が

用をなさない事態となっている。

売主様としては朗報である。高く売れるのであるから。

ただ、買主様も金利がお安く融資を受けやすくなってい

たり、住宅ローン減税や住まい給付金など各制度が

背中を押してくれているのである。

値段設定も悩みが尽きない、安く設定すると反響があり

過ぎて売主様はもっと高く売れるのにと思うし、逆に

高すぎると買主様も手を出せず、反響がない状況が

続いてしまうので売主様も焦ってしまう。

だが、全ては売主・買主双方と信頼関係を築いていく

ことが大事なのではないか。確かにボクには巧みな

話術もなければ機転も利かないが、

フェイス・トゥ・フェイスで懇切丁寧な対応を

心掛け、痒いところに手が届くのがボクの売りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です